100年時代の人生と経営の成功を構築する

青木忠史経営塾のご案内

起業▶業績改善▶事業展開▶資産形成
入会審査
制度あり

ところで、あなたはこんなことで悩んでいませんか?

  • 起業したばかりで、売上が軌道に乗らない、何から行ったら良いのか分からない…
  • 先代から続いている事業だが売上が年々減少…。この先どのようにしたら良いか分からない…。
  • 良い社員が採用できない、採用しても仕事を覚えたら辞めてしまうという状態が続いている…
  • やる気はあり、売上をもっと上げていきたいが1人で行うには限界がある。組織づくりをしたいが、どのように行っていったら良いか分からない…
  • 小手先のテクニックで一時的に売上を上げることではなくて、本質的な経営戦略を身に着け、堅実な経営成功を実現したい
  • 資金繰りが厳しい。返しきれない借金があるが、完済したい
  • 定年退職をしたが、これから起業したいと考えている
  • 主婦であるが、空いている時間に収入を増やすために経営を学びたい!
  • 今は調子が良いが、これからの長い人生の中で経営を行っていけるのか、漠然とした不安がある…
  • 起業したばかりで、売上が軌道に乗らない、何から行ったら良いのか分からない…
上記に1つでも当てはまったあなたは、
青木忠史経営塾がおすすめです。
青木忠史経営塾がおすすめです。
では、青木忠史経営塾に入塾することで、
何が得られるのでしょうか?
何が得られるのでしょうか?
01
集客戦略
まず、御社の商品の理想の対象顧客像(ペルソナ)を割り出します。そして市場の中でのあなたの商品のポジショニングを決定し、他社との差別化戦略を図ります!
要するには、あなただけのお客様を集めるコツを掴んでいただけます!
02
発展会計戦略
集客が安定してきたら、次には会計戦略でしっかりとした会社づくりを行います。今より「儲かる会社づくり」を行なっていきます。
要するに、「儲かる会社づくり」ができた後に、会社はもっと発展していくのです!
03
組織づくりマネジメント
「志向性マッチング」という独自の人材組織戦略を体得してもらうことで、あなたの会社は一致団結となり、成長のエネルギーが湧き出てきます。要するに、あなたと相思相愛の社員とお客様ばかりの会社を作れるようになります!
03
組織づくりマネジメント
「志向性マッチング」という独自の人材組織戦略を体得してもらうことで、あなたの会社は一致団結となり、成長のエネルギーが湧き出てきます。要するに、あなたと相思相愛の社員とお客様ばかりの会社を作れるようになります!
04
資産形成マネジメント
利益を残し、堅実にお金を貯める。そして貯めたお金を堅実に増やしていくという資産形成戦略を構築できます。
要するに、生涯収入を最大化し、人生の基盤をガッチリと構築することができます。
05
経営者の人生設計
人間には、自分ができることとできないことがあります。また、20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代で行うことがあります。これらをあらかじめ理解した上で自分の人生を構想し生きていく。これが人生戦略となり、人生を成功させる秘訣です。
04
資産形成マネジメント
利益を残し、堅実にお金を貯める。そして貯めたお金を堅実に増やしていくという資産形成戦略を構築できます。
要するに、生涯収入を最大化し、人生の基盤をガッチリと構築することができます。
これから誰もが必要な経営戦略。
青木忠史経営塾では、全てを
身につけていただくことができます。
これから誰もが必要な経営戦略。

でもなぜ?青木忠史は全てを指導できるのでしょうか?

青木忠史は、一般的なコンサルタントのように集客の指導や、会計の指導、マネジメントの指導だけではありません。経営全体を見た上で、1人ひとりの経営者に合わせた指導を行っています。
なぜなら、青木忠史は現在も現役の経営者であり、同時に600社以上もの「経営」を指導してきている辣腕コンサルタントだからです。

これはおかしなことではなく、大企業であれば自社のグループ会社の社長に経営を指導をすることは当たり前。
ただ、中小企業の世界ではあまり聞かないだけでなのです…。
ところが、この青木忠史経営塾に入ることで、あなたは、そのような質の高い経営指導が直接が受けられます。

次には、具体的にご説明をいたしましょう。

GENIUS MANAGEMENT STRATEGY

経営者の人生に必要な全ての戦略
『ジーニアス・マネジメント・ストラテジー』とは?

  • [戦略1]原理原則に基づいた集客戦略により、長く安定的な集客の実現を目指します。その上で、あなた独自の個性に合った戦略をMIXすることで、競合他社には真似されにく集客戦略が完成します。
    この競争激化時代の中でも、10年以上に渡って勝ち続けているビジネスモデルを構築できます。
  • [戦略2]商売の原理原則に沿った会計戦略=管理会計戦略を講じることは、発展する組織をつくることに等しいことです。簡単な言葉で言いますと、儲かる会社になります。節度ある会計戦略を構築し、健全発展を実現いたします。
    ※会計顧問サービスは別途顧問費用が発生いたします。
  • [戦略3]組織づくりマネジメント。事業には相応しい組織体制があります。多すぎても少なすぎても、組織は発展しません。また、組織づくりにおいては、「志向性マッチング」と「業務特性マッチング」という2つのマッチングを図る必要があります。
    この2つのマッチングを図り、今、必要な人材を、今採用できる採用戦略で採用することが「組織づくり」となります。これは中小企業の多くの人が知らない人材組織戦略です。
    あなたがこの方法を学ぶことで、他社が10年かかっても到達しない地点に、わずか2年で到達することも可能となります。
  • [戦略4]資産形成マネジメント。ここではお金を貯める原理原則を学び、身につけてもらいます。お金は人間心理です。そして、多くの人はお金を貯めるという思想・哲学を持っていないため、自己の限界までしかお金を貯めることができません。
    ここでは、あなたの「お金の限界」を取り払い、あなたをお金が貯まる体質に転換を促します。
  • [戦略5]経営者の人生設計戦略。人生を成功させる要素は能力だけではなく、人生戦略です。30代、40代、50代、60代、70代、80代に相応しい活動計画を立てて活動をすることが、人生成功への道となります。私は6000人以上の方々とお会いして、実に、95%以上の方々がこのことを知らず、老後になって、自らが想像した以外の人生を生きていることを実体験として見てきました。
    その中で、ごくわずかの成功者だけが掴んでいた人生戦略。それを先取りして生きていくことができれば、あなたの人生は必ず成功することでしょう。
  • [戦略1]原理原則に基づいた集客戦略により、長く安定的な集客の実現を目指します。その上で、あなた独自の個性に合った戦略をMIXすることで、競合他社には真似されにく集客戦略が完成します。
    この競争激化時代の中でも、10年以上に渡って勝ち続けているビジネスモデルを構築できます。
そもそも青木忠史は、多くの中小企業経営コンサルタントの方がたと経営に対する「考え方」が全く違います。
なぜなら、座学で覚えた「経営戦略」ではなく、全て実戦の中で自ら掴んだ「経営の知恵」だからです。

そして、自らも複数の事業を経営していることから、経営とは「売上が上がれば全てはうまく行く等と甘くは考えていない」ということと、「長い目で見た上で経営をいかに成功させるか?」ということを、常に考えています。

そして、青木忠史は中小企業経営コンサルタントとは全く違う「考え方」ではありますが、実は、実業の世界の方がたとは、とても似ている考え方でもあります。
そのような「経営に対する考え方」とはいったいどのような考え方なのでしょうか?

それらが以下の「ジーニアス・マネジメント・ストラテジー」(R)と言います。

「ジーニアス」とは、天才的な、独創的な、という意味合いがあります。
「マネジメント」とは、経営とは人間と人間のマッチングを調整・チューニングしていく営みであるということをマネジメントと、青木忠史は指しています。
また、「ストラテジー」とは、戦略という意味です。戦略とは大枠、全体的視野から見て勝利に向かっていく考え方を意味しています。
青木忠史の場合は、会社経営だけではなく、1人ひとりの「経営者の人生」という大枠から見た上での「戦略構築」を考えることを最重視しています。

あなたも、このような「考え方」を掴むことによって、あなた自身の中から「経営における天才性=独創性」を引き出すことができるのです。
それが、この「ジーニアス・マネジメント/ストラテジー」であり、青木忠史が求めている経営成功でもあります。

-経営と人生の原理原則-


このように「経営と人生の原理原則」が『ジーニアス・マネジメント・ストラテジー』なのです。

そしてあなたが青木忠史経営塾に入った時、あなたは自分の人生の経験を超える智慧を得ることができます。

その結果、どのような人生が目の前に現れるかは…、あなた自身でご想像ください。


いかがでしょうか?
あなたも「ジーニアス・マネジメント・ストラテジー」を
習得して、経営成功を実現できたとしたら?
あなたも「ジーニアス・マネジメント・ストラテジー」を

それでは、青木忠史についてご紹介いたします。

Profile

開発者:青木忠史の経歴

青木忠史とは独創的な実業家
・大黒天経営株式会社代表取締役会長
・日本建築塗装職人の会会長
・一般社団法人日本建築業者協議会代表理事
・「どんな時でも道は開ける」(サンクチュアリ出版)
・「自分探しで失敗する人、自分磨きで成功する人」(カナリヤ書房)
・「工事店経営の教科書」(ダイヤモンド出版)

・生い立ちは?
10歳の時から母子家庭で育てられ、柔道二段で警察官になり警察学校長賞を受賞。12歳から新聞配達を始め、それ以来29歳までに40回の転職を経験する。その間2年間フリーター生活をし、3ヶ月間の路上生活も経験。某中学生教材販売会社にて全国トップセールスも獲得。

・経営に携わるようになったきっかけは?
29歳の7月に父が経営する塗装工事店に入社したことから。当時6000万円強の負債を抱える赤字経営と直面し、経営の本質を掴んだ(借金は3年で完済)
それが、経営コンサルタントとして世に立つことになったきっかけとなる。

・現在までの実績は?
工事店を中心に、本質に基づいた「経営指導」を行い、累計6,000人以上の経営者との面談の実施、延べ600社以上を経営指導。年間400件以上のコンサルティングを13年以上に渡り継続的に実施。10人~150人規模のセミナーもこれまでに200回以上開催。

・経営で大切にしていることは?
「オーガニックグロース戦略」「健全経営」「ベストマッチング経営」

・提供しているコンサルサービスは?
ゼロから年商10億円までの企業を対象とし、収益を最大化を実現する「独創的経営戦略  ジーニアス・マネジメント・ストラテジー」

・指導ポリシーは?
参入障壁の高い経営をいかに構築するか。


・指導内容は?
独創的な集客戦略の構築、事業の本質に基づいた管理会計指導、成果に直結させる組織づくり、ベストマッチングな人事戦略、手堅く資産形成指導。


・顧問費用は?
経営者への個別指導は40万円(平均)。


・その他の実績は?
「社会文化功労賞受賞」(2012年度)
新聞掲載・テレビ出演も200回以上
スピリチュアルパワーを活用し、その人の使命を引き出し、人生発展の運気を創り上げることができる。現実的に一般の人でも青木忠史の元で経営に打ち込み、資産1億円以上を形成する人も多数。経営成功企業は数え切れない程多数。情熱的な経営指導に全国の経営者が心酔している。

青木忠史経営塾へのお申込はこちら

こんな方にはぜひオススメです。

recommendation
  • 実業家に直接指導を受けたい!
  • 人生の師・メンターを持ちたい!
  • 将来自分も指導者的立場になりたい!
  • 経済的成功を実現したい!
  • 自分のやるべきことを見つけたい!
  • 会社を経営しているが業績をもっと向上させたい!
  • 小手先のテクニックでは満足できない。本質的な指導を受けたいと考えていた!!
  • 今は人生のどん底。V字復活を実現したい!!
  • 人を愛して幸せにできる自分になりたい!
  • 嫌な自分を変えて、魅力的な自分になりたい!
  • 1億円の資産を形成したい!
  • 実業家に直接指導を受けたい!

青木忠史経営塾の内容とは?

how to
1.お申込み
 ~審査
2.クレジット
カード決済
[会員限定]
メールセミナー
毎日1通365日
[会員限定]
ビデオセミナー
毎月1本ずつ
[会員限定]
・メール相談
(月2回まで)
[会員限定]
・メール相談
(月2回まで)

毎月届く経営メソッドは以下のとおりです。

  • ジーニアス・マネジメント・ストラテジー(総論)・・・「経営」と言われても、全体像を理解している方はとても少ないものです。それが中小企業の90%以上がいずれ倒産・廃業する原因でもあります。そのようなことから、まずはじめに、中小企業が、長く盤石な経営成功を実現するための経営戦略の全体像と基本的考え方を学びます。
  • 事業戦略の構築①マーケティング01・・・社業が傾く大きな原因は、自社商品が売れなくなるからです。そうならないためにも、他社との明確な差別化を図り、強い商品を設計し、販売する基本戦略を学びます。これは時代が変わるたびに定期的に、中小企業の社長が実行しなければならない大切な戦略です。
  • 事業戦略の構築②マーケティング02・・・中小企業は明日の売上に直結させる手段のみを必要とします。言い換えると、無駄な広告宣伝費を使えないというのが現状ではないでしょうか?そのためのマーケティングの基本戦略。どの業界でも通用する手法をここでは学びます。
    トリッキーな手段を選択しなくても、オーソドックス(基本戦略)をしっかりと追求することで確実に業績は向上いたします。
  • 成功を実現する理念とビジョンの上手な描き方・・・競合との競争の上、人材の取り合いという時代の今、理念やビジョンがより一層大切になってきています。それは、単なる条件だけでは「お客様」も「人材」も集まらなくなってきているからです。百戦錬磨の経営コンサルタントが、あなたの会社を発展させるための上手な理念とビジョンの描き方をお伝えいたします。
  • 事業戦略の構築③新規事業の立ち上げ方・・・競合が多くなった今、商品のプロダクト・ライフサイクルはどんどん短くなっています。その時に、差別化戦略を講じる一方で、新規事業も検討し続けなければならない時代になってきました。では、あなたの会社で今から行うことができる最も適切な新規事業は、どのように立ち上げれば良いのか?その基本をここでは学びます。
  • 大きな成果を生み出す営業戦略・・・創業当時はゲリラ的な営業で良いでしょう。しかし、会社が成長してくると同時に、ゲリラ的ではなく、また社員でも対応できる営業戦略が必要になってきます。社員を鍛えようと考えるのではなく、普通の社員でもできる形をつくることが、この講座の目的となります。あなたの会社をあなたの実力・体力以上に発展させるために必要な講座です。
  • 実践的なセールスコピーライティング・・・単に定型を真似するのではなく、人間真理を深く理解し、本質的にお客様の心を掴むコピーライティング技術を学びます。これは単に、セールスコピーライティングだけではなく、人間関係やマネジメント、採用活動など、あなたの全てのコミュニケーション活動に活かすことができる内容です。
  • 経営者としての「心の位置」・・・結局、経営に差が出るのはノウハウではなく、経営者としての姿勢であったりします。ところが、経営者としての姿勢を明確に指導してくれるところは現時点で世の中にはありません。(スポーツトレーナーや心理学博士の指導はあっても…)
    自ら家業の多額の借金を背負い事業再生を成し、その後、無数の業績改善に携わっている青木会長だからこそ掴んでいる経営者としての基本的な「心の位置」を直接、伝授いたします。
    業績の良い時、悪くなったとき、あらゆる側面において、この「心の位置」の学びだけでも、1つの塾が誕生するものと思いますし、あなたが本気で実践していただけるのなら、日々の経営には明確な成果として効果が出ます。
  • カミサマ・セールス・マスタープログラム・・・以前、殿様セールスという手法がありましたが、ここでは、お客様に尊敬と感謝の念を頂くカミサマセールスというメカニズムを学びます。
    営業が苦手な方は、営業とは「ゴリ押し」であり、嫌われるもの、という印象を持っていることがありますが、それは間違った姿であり、トップセールスは穏やかな姿勢にも関わらず、お客様に感謝され続けて、喜ばれ続けているのがごく普通です。
    営業の基本を理解したい方から、営業を極めたい方におすすめです。
  • 事業戦略④ビジネスモデルの組み立て方・・・今の時代では、ビジネスモデル思考は必須です。繰り返しになりますが、競合が多く、商品のプロダクト・ライフサイクルが短く、社業が安定しにくいからです。
    そこでここでは、誰でも、どんな事業でもできる『ビジネスモデルの基本的な組み立て方』を学びます。あなたの事業がさらに強固になって顧客の流出を防ぐことができるようになります。かつ、顧客の増大をもたらす道も無数に見えてくるでしょう。
    基本を追求することが、結局のところ王道となります。
  • 売上が上がっても下がっても利益の残る会社づくり:基礎①・・・税理士は絶対教えてくれない会計戦略の基本。あなたの会社の売上が上がってきたときに、次に行う必要があるのは、この会計戦略の基礎①「基準PL」です。
    会計戦略の基礎①にしっかりと取り組むことで、会社は毎年の売上と利益が明確になり、安定化します。
    そして、会計戦略は「成果の上がる組織づくり」に繋がっていきます。それを学びます。
  • 成果の上がる中小企業の組織づくり①・・・中小企業においても会社の組織づくりには見えないルールがあり、そのルール通りに行うことで、成果が上がります。ところがルールを外すと成果が大きく落ち、会社は停滞します。
    社長が1人が経営責任者であるという段階においては、ルール等はあまり必要がありませんが、社長1人の仕事を超えるときには必ず、この法則に従う必要があります。
    ここでは、中小企業の組織づくりの基本を学びます。
  • 売上が上がっても下がっても利益の残る会社づくり:基礎②・・・税理士は絶対に教えてくれない会計戦略の基本、2つ目は、利益の残し方です。中小企業が迷うのは役員報酬をいくらに設定したほうが良いのか、どのような節税を考えたら良いのか、どのようにお金を残したら良いのか。つまるところ「貸借対照表(BS)」をどのように見て、どのような目標を立てていくべきなのか、ということについて学んでいただきます。
    お金の問題はとても大事なことなのに、意外と会社のお金をどのように貯めたら良いのか?ということについてはほとんど教わることがありません。
    そこで、ここでは中小企業経営者の人生戦略という視点に基づいていかにお金を貯めるべきなのかという基本を学んでいただきます。
  • ベストマッチング採用法・・・中小企業では、自社に合う人材を採用することはとても困難なことであり、「うちには良い人材が来ない」と信じ込んでいる方も大勢おられます。その上、人口減少時代となり、売り手市場となった今はなおさら、採用困難を極めているというのが現状です。
    ところが、採用においても「原理原則」を正しく理解することで、どのような中小企業でも、自社に合った人材を採用することは可能です。
    大勢を採用する必要は無く、自社に合った1人を採用することです。
    自分が採用したい人を採用するのではなく、自社に合った人を採用することです。
    そして「今の自社」に合った人を採用することです。その方法をここでは学びます。
  • 社員教育戦略の基本戦略・・・中小企業の口癖は「うちはいい社員が居ない…」「うちの社員は何度言っても言うことを聞いてくれない…」ですが、そもそも、社長がそのような「考え方」に陥っていること自体が、社員の教育戦略において間違いがあると知らなければなりません。
    社長が期待しているようには社員は働いてくれず、社員をよく理解して社長は社員をマネジメントすることを心がけなければなりません。そのための「教育」の基本について。誰でもできる方法を学びます。
  • 事業を成長させる経営責任者の育て方・・・中小企業が中小企業で終わる理由は、次の経営責任者を育てられないからです。それは社長の「息子様」が次の後継者候補だったとしても、同じく育てられません。
    自社・他社含め、数多くの経営者を育成している青木忠史だからこそ分かる経営責任者の育て方を伝授いたします。
    経営責任者を育てるには、具体的な方法とコツがあり、この両方を掴んでいただければ、誰でも事業を成長させることができます。
  • 地域で1番愛される会社になるためのプレスリリース基本講座・・・戦略的情報発信とは中小企業にも必要であり、プレスリリースとはその1つの手段です。特に創業期等の信頼度が少ない時期には、プレスリリースを行いメディアに取り上げられることが信頼度を高める1つの方法です。そのための基本的なニュースの探し方・プレスリリースの書き方・メディアへの対応の仕方などを学びます。
  • 目標設定・ブレインダンプメソッド・・・目標が達成できない理由をご存知ですか?人間はある条件に合致した時に必ず目標を達成できるようになります。そのための脳と心の使い方をここでは学びます。
  • 最短!借金完済プログラム・・・青木忠史は、事業モデルが構築されていない中小企業にとって、運転資金という名目で借入をするのは、経営戦略において間違っていると認識をしています。
    お金が貯まる経営を目指すべきであるし、借金は完済するべきであると考えています。
    そこで、青木忠史自身が6000万円の借金を完済した実体験と何百社という経営指導の中で導き出した「最短!借金完済プログラム」をここでは学びます。
    経営と人間心理の原理原則に基づいた素晴らしいプログラムです。
  • 成果の上がる組織づくり②・・・会社の成長を目指していくとき、経営者の多くは社員の1人ひとりに「経営者的な物の見方・考え方・仕事の仕方」をしてもらいたいと思うようになります。ところが、そうなることによって、必ず、経営者1人の力を越えて行き、マネジメントが効きづらくなると感じることが起きてきます。
    その時に、優秀な人材を放出させないための組織づくり・仕組みの設計をいかに行っていくかをここでは学びます。
  • ジーニアス・マネジメント・ストラテジー(総論)・・・「経営」と言われても、全体像を理解している方はとても少ないものです。それが中小企業の90%以上がいずれ倒産・廃業する原因でもあります。そのようなことから、まずはじめに、中小企業が、長く盤石な経営成功を実現するための経営戦略の全体像と基本的考え方を学びます。

青木忠史の王道の経営戦略「ジーニアス・マネジメント・ストラテジー」は全24回です。
どの内容も、本質的であり、実戦的なものなので、どれも自社にマッチする内容であると感じていただけるはずです。

そして、ビデオ講座は、ひと月に1つずつ届きますが、これらをしっかりと学習していただくことで、あなたも何百社の中にあった「経営の智慧」「経営の基本」を自らの血肉に変えていくことができる。

言い換えると、経営のプロと同じ考え方を持つことができるようになるでしょう。

既に参加されているクライアント様の成果

※すべて実在の方ですが、クライアント様の事業を守るために、あえて匿名とさせていただいております。

A社のケース:ゼロから起業して1年で年商5000万円

  • 写真
  • 「ゼロからの起業で大事なことは、いかに早期に新規開拓をするかということになりますね。そのためには、まず、青木先生のおっしゃるとおり強い商品を作ることからはじめました。その上でマーケティングの効果を最大化するために、その商品を販売する市場に関連するメディアに、PRを仕掛けました。PRのコツは「ニュース性」。中小企業は、ブランドの無いステージからのスタートであるため、経営者自身の理念やビジョンを中心としたマーケティングを仕掛けると共に、市場の入り端では、顧客ターゲットを明確に決めていき、その顧客にオファーを提示して、販売を行っていくことが重要。そして、販売後にその顧客様に対してのバックエンド商品を提供し固定客化を図り、さらに売上を上げていくということを行いました。その後はいかにこの事業を育てていくかが課題となります。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します」

B社のケース:年商3000万円を5年で年商4億円

  • 写真
  • 「年商3000万円と年商4億円では、同業他社の数が全然違います。そのためには会社のブランド化を始め、商品の差別化をさらに促進する必要があります。これを青木先生の「ジーニアスストラテジー」では「オンリーワンブランディング(R)」と言っております。その後、部門別会計の形を構築し、経営責任者(経営管理者)を育成して、部門ごとの経営を始めていくという方法を取ることによって、経営者個人の限界を突破して、事業拡大を実現いたしました。

    そして、目指す売上規模に合わせて、作らなければならない組織イメージを構想しました。

    このあたりから徐々に人材教育の課題が浮き彫りになってきて、社員の出入りが始まりますが、教育に力を入れながらも、まず採用に最大限の力を入れていくということが先決ということで、まず、社長を好きになってくれる人、その上で自社の「事業ビジョン」と「事業戦略」に完全同意してくれる人を採用するかが鍵となりました。今の時代の採用は、青木忠史先生の仰られます「志向性マッチング」以外では、勤労意欲の高い優秀な人材を採用することが困難と感じます。

    その上で「事業戦略」を構築するのですが、事業戦略とは、「強みで展開」・「市場を見て構想する」・「参入障壁を考える(将棋を打つときと同じような姿勢で真似されにくい打ち手を考える)」というように考え、ひねり出し、強い形を生み出します。社長自身の人間的な成長も期待しなければいけないステージとなります。」

C社のケース:6000万円の借金を4年で完済

  • 写真
  • 「中小企業の場合、運転資金という名目での借入はほとんどの場合、管理会計が出来ていないことが原因となります。そこで一般の中小企業の会計事務所に依頼されている場合には、単に「経費が多いですから経費を下げましょう」等とおっしゃられることが多いのですが、それでは事業自体の成長を止めてしまう場合も多々あり、一概に「良し」とは言い切れません。

    そこで、我々はまずその事業の「事業モデル(PLを中心に)」を明確に分析をし、その上で、各種リストラを実行する計画を立てます。計画はおおよそ3カ年計画が理想です。

    1年目は事業再生の期間とし、再生が軌道に乗ってきた2年目、3年目で健全な事業モデルからの事業展開を考えていきます。

    このような期間を経て、運転資金を早期に返済した中小企業は、その後キャッシュリッチな企業に生まれ変わり、さらに事業が伸び、良い人材が入ってくるようになり、善循環が始まるようになります。

    C社のケースでもそのようになりました。

    そこで、経営者自身が過去に囚われず、いかに未来を描くかが最大のキーになります。私の経験上、運転資金を完済し終わっても事業の未来を上手に描くことができる方はごく少数であり、多くの場合には借金を完済したと同時に、目標を見失いそのまま一生を過ごす、というケースが多くありました。

    そこで、常日頃から経営者は、自社の理想の姿、自身の人生で何を成し遂げるのか、をよく考えている習慣形成が大切となるのです。

D社のケース:内部留保1億円を創業後5年間で形成

  • 写真
  • 内部留保を蓄えるためには、まず、収益性の高い事業の形をしっかりと作り上げることが大前提となり、その上で「事業モデル」が明確に確立され、営業計画を立て確実に遂行できる体制があることが条件となります。そして年度の営業利益目標が明確に立て、確実に実行をしていきます。

    営業利益に対しては、専属顧問公認会計士の指導を仰ぎ、合法的な資産形成戦略を講じることを行ってまいります。

    経営者自身が休みなく働き、かつ、組織形成も同時に行っていくとなりますと、かなりハードにはなりますが、この期間に経営者としての姿勢を形成していくことを考えますと、向かうべき意義がある目標となります。

よくある質問

FAQs
  • Q
    すぐに成果を手にすることはできますか?
    A
    努力次第です。筋トレを行ってもすぐに力がついて、重たいウエイトを持ち上げられるということではないように、何事も鍛錬次第ということになります。
  • Q
    私は青木先生と違う業種なのですが大丈夫ですか?
    A
    はい。大丈夫です。既にいろいろな業種の大勢の方のご指導をさせていただいておりおります。また、商売は「人」を相手にするものであるという「原理原則」は、どの業種でも同じですので、大丈夫です。
  • Q
    私は塗装工事店を経営しているのですが、こちらのサービスを申し込めばよいですか?
    A
    塗装工事店を経営していて、住宅リフォーム直販事業に関わることでしたら、別途の経営サポート「日本建築塗装職人の会」がおすすめとなります。業種に特化しているため、そのほうが大きな成果を得ることができます。ただし、青木忠史経営塾に入会されて成果を上げられている方も多数おられます。
  • Q
    私は塗装工事店ではない工事店を経営しているのですが…
    A
    まずは、青木忠史経営塾でも構いません。経営の基本姿勢や戦略を理解していただくことからはじめてください。
  • Q
    なぜ、1年契約からスタートなのですか?
    A
    10年以上継続している方々も増えています。そのような方は当初の売上の10倍以上、年商3億円~10億円以上に成長されておられますが、まずは物事に取り組むにあたり1年という期間を目標として頂いているからです。
  • Q
    1年間の途中で退会はできますか?
    A
    基本的にはできません。途中退会をお考えになっているうちは、ご入会されないでください。
    また、原則、現在では、青木忠史にご縁があった方か、既に青木忠史経営塾に入られている方からのご紹介以外では受け付けておりません。
  • Q
    難しくありませんか?
    A
    本案内をお読みいただいて、内容が理解できる方であれば、大丈夫です。繰り返しますが、青木忠史は学問的に「経営戦略」を学んでいるわけではありませんので、むしろ、簡単すぎるように聞こえてしまうかもしれませんが、真実はいつも簡単ななかにあると理解していただき、学ばれてください。
  • Q
    私は塗装工事店を経営しているのですが、こちらのサービスを申し込めばよいですか?
    A
    塗装工事店を経営していて、住宅リフォーム直販事業に関わることでしたら、別途の経営サポート「日本建築塗装職人の会」がおすすめとなります。業種に特化しているため、そのほうが大きな成果を得ることができます。ただし、青木忠史経営塾に入会されて成果を上げられている方も多数おられます。

青木忠史経営塾 入塾申請フォーム

your success road map

それでは、最後に「入塾にあたる5つのお約束」をお読みください。
※以下をすべてご承諾の上、入塾申請していただきます。

  • [約束1]入塾資格を有する方・・・入塾資格を有する方は、青木忠史と一度でも面識のある方、もしくは既に青木忠史塾に入塾している方(1名以上)からの推薦を頂いた方に限ります。
  • [約束2]入塾期間(1年区切り)・・・入塾期間は、1年間区切りとなります。一定の「信念」を培っていくためには最低1年間の時間が必要であることと、ビジネスに1年間取り組む間に、経営の全体像も明確になり、経営上の過大も明確になるため、より効果を発揮できるからです。
  • [約束3]オーガニックグロース戦略の理解・・・青木忠史は、内部資産に基づいた健全な成長を実現していく「オーガニックグロース戦略」(健全経営)を経営の中心軸と捉えております。入塾にあたり御社の経営戦略もオーガニックグロース戦略を中心軸としていただきます。

  • [約束4]プロ化の原則・・・青木忠史は、ビジネスを行うにあたり、社会正義性を重視しています。そのために必要な要素として「プロ化の原則」を考えております。どのようなビジネスであっても、プロとしての自覚を持った方のビジネスを支援・指導いたします。
  • [約束5]四方良し・・・あなたと取り組んでいきたいことは四方良しのビジネスです。四方良しとは、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」「神様良し」の四方良しです。
  • [約束1]入塾資格を有する方・・・入塾資格を有する方は、青木忠史と一度でも面識のある方、もしくは既に青木忠史塾に入塾している方(1名以上)からの推薦を頂いた方に限ります。

サービス内容は、以下のとおりです。
※既存会員様から「こんなに安く公開しないでほしい」との声が多数あり、今後値上げ検討中です

サービス 内容と会員ランク(シルバー会員/ゴールド会員/プラチナ会員)
メールマガジン
(毎日購読)
※一般非公開
シルバー会員・・・◯
ゴールド会員・・・◯
プラチナ会員・・・◯
ビデオセミナー
(毎月学習可能)

シルバー会員・・・◯
ゴールド会員・・・◯
プラチナ会員・・・◯
メール相談 シルバー会員・・・月2回
ゴールド会員・・・月4回
プラチナ会員・・・無制限
電話相談 シルバー会員・・・無し
ゴールド会員・・・ひと月に1回(30分間)
プラチナ会員・・・ひと月に1回(30分間)
対面相談 シルバー会員・・・無し
ゴールド会員・・・無し
プラチナ会員・・・3ヶ月に1回(2時間)
月会費

シルバー会員・・・月々10,000円(税別)
ゴールド会員・・・月々30,000円(税別)
プラチナ会員・・・月々50,000円(税別)
ビデオセミナー
(毎月学習可能)

シルバー会員・・・◯
ゴールド会員・・・◯
プラチナ会員・・・◯
青木忠史経営塾 入塾 申請フォーム
下記のフォームからお申込していただいた後に、正式お申込フォームが届きます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
申請いたします。
[プライバシーポリシー]当サイトによる登録情報は各種法律に基づき厳重に管理されております。大黒天経営株式会社 (以下、「当社」という。) は、個人情報の重要性を認識し、その保護の徹底をはかるため、個人情報の保護に関する法律、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、個人情報保護に関する法律についてのガイドライン (通則編、匿名加工情報編、第三者提供時の確認・記録義務編、外国にある第三者への提供編)、その他当社業務に関連する法令およびガイドライン等を遵守するとともに、個人情報を、以下により取り扱うこととします。
刻印

お約束:生涯収入を最大化します。

経営者の求めるものは、売上の最大化・利益の最大化だけではなく、生涯収入の最大化であると数多くの経営者との面談を通して理解しています。私青木忠史はその1点をあなたの目標の1つと理解し、あなたと共に人生の成功の実現に向かって取り組んでいくことをお約束いたします。青木忠史経営塾(青木忠史)

会社概要

社名 大黒天経営株式会社
設立 2007年11月1日
代表者 代表取締役会長 青木忠史
所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-5-12-2F
お問合わせは? 入塾前のお問合わせなどは、こちらへお願いします
所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-5-12-2F